トップ スタッフ日誌 › アクア祭り終了

ごぉ 2010年8月17日

アクア祭り終了

コミケに参加された皆さん、お疲れ様でした。
今回はアクアアフターなり名刺企画なり、
わりと無茶な事ばかりやったのですが、
なんとか無事に乗り切ることが出来ました。
来て下さった皆さん、お手伝いいただいた皆さん、
本当にありがとうございました。
そして、BGMとして参加していただいた、M.Graveyardのdaiさん、
すばらしい名曲をありがとうございます。

今はぼちぼちと感想を読んでは反省しつつ、
今後への原動力にしているところです。

英雄を倒せないという感想がいくつかありましたので、
弱体化パッチを出すかもしれません。
ただ、倒しても追加シナリオなどがあるわけではないので、
「なんだこの馬鹿ゲーは」と笑う程度に楽しんでいただければと思います。
個人的には、「倒せそうでやっぱり倒せない」レベルを狙っています。
ツイッターなりメールなりでご意見いただけると幸いです。

一部キャラ名が「ジョニー」になってしまっている件も確認しました。
ご報告ありがとうございます。
もう一度通してプレイをし、誤字探しをするつもりなので、
修正はしばらくお待ち下さい。

以下、アクアアフターのネタバレを含むため、
これからプレイされる予定の方はご注意下さい。


 

 

 

 

 
 

というわけで、反省会です。

前回、アクアアフターで「やりきった感がある」と書きましたが、
それでも盛り込めなかった部分があります。
明香の○○編とか、アリエスの○○編とか...。
実は"あの子"の出生にも、もう少しだけ秘密があります。
そして再び全てが一つに収束する、英雄の○○編へ――。
更に欲を言えば、いい加減○星にも行きたいです。
西園寺グループ○長の話も面白そうです。

だけど、そこまでやると新作一本分くらいの新規素材が必要になってしまいます。
個人的な話になってしまって申し訳ないのですが、
いろんな人に迷惑をかけながらいつまでも
引きこもりニートを続けているわけにはいかないので、
実現は難しいかなと思っています。

商業の力を借りれば実現出来るのかもしれませんが、
もともと同人として好き勝手やるというスタンスで始めた「ひまわり」なので、
大人の事情であれこれ振り回されるのには、きっと耐えられません。

アクアアフターはあくまで「やれる範囲のことはやりきった」という感じです。
たとえば、ラストはきちんと陽一と対決させてあげたかったのですが、
陽一の立ち絵がないため実現出来なかったり。
たとえば、アリエスと○○も対面させてあげたかったのですが、
絵柄が違うので同じ画面に出せなかったり。
たとえば、テーマソングを乗せたかったのですが、
権利の関係で難しかったり。

やりきれたこと、やりたかったこと、力不足だったこと、
色々踏まえて、この先に繋げたいと思います。
少なくともアクアアフターのおかげで、
自分の中で長い間止まっていたひまわりの物語が、
本当のハッピーエンドに向けて、再び回転を始めました。

幸せは、遙かに遠い。
手を伸ばしても、届かない。
だけど、きっとこの先にあるのだと信じています。
たどり着けなくてもいい、
信じて進むことができればそれでいい...。
...今はそういうことで許してやって下さい。