トップ スタッフ日誌 › あけましておめでとうございます

ごぉ 2008年1月 1日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます、ごぉです。

冬コミに参加された皆さん、おつかれさまでした。
今回の冬コミでは無事に、「ひまわり」の完成版を頒布することができました。
なので、ちょっとダラダラと書いてみたいと思います。

まずは、キャラクターグラフィック、その他諸々の作業をしてくれたたつきちへ。
一緒に同人ゲーム作ろうぜ! というワケのわからない誘いに快く(?)乗ってくれたのが、丁度2年前の1月。
あれから2年間、逃げ出さずに最後まで付き合ってくれてありがとうございました。
途中、何度も挫けそうになったけど、たつきちの素晴らしい絵を見ては初心を思い出し、ここまで来ることができました。
ここに来るまで、散々我が儘を聞いてもらいました。
愚痴を聞く立場にいるのは、言い出しっぺである自分のハズなのに、すっかり逆になっていました。
本当にありがとうございました。ひまわりの半分はたつきちで出来ています。

そして、テストプレイをしていただいた方々へ。
これまた愚痴相手にしてしまいすみませんでした。
一つの物語を完結させるのは、自分一人の力では無理なのだと思い知らされました。
様々な人の意見を聞いて、考え方に触れて、ひまわりはようやく完結しました。

次に、コミケでお会いした全ての方々へ。
自分は人と話すことが上手ではないため、あまりまともな会話が成立していなかったのではないかと思います。
心の中では、ひまわりを支えてくださっていた方々に直接お会いできて、
終始感激しっぱなしでした。

次に、ひまわりに興味を持ってくださった全ての方々へ。
完成版は、体験版をプレイされた方のご期待に添う内容にはなっていないかもしれません。
まだまだ未熟な自分の作ったこのゲームは、とても稚拙な物に見えるかもしれません。
それでも、もしよろしければご意見ご感想など頂けたらと思います。
体験版をプレイされた方は、ゲームを最初に起動させた状態で、
Shiftキーを押し続けながら「Startボタン」を押してみてください。
ゲームが、体験版をクリアした直後の状態になります。
ショップ委託については検討中ですので、コミケに来られなかったなかった方々はもうしばらくお待ちください。

そして最後に、かつての自分へ。
宇宙飛行士になることが夢だった小学生の自分へ、これで許してくださいごめんなさい。
ゲーム会社にはいることが夢だった中学生の自分へ、これで許して……え? まだ?


今回のことで痛感したことは、自分の引き出しの少なさでした。
もっと勉強して、いろんなものを見聞きして、自分の世界を広げたいと思いました。
あと、遅筆とか、詰まるとすぐ鬱に入るトコとか、色々と問題点が……。
次回作ではそのあたりを改善して――と言いたいのですが、
諸般の事情に付き次回作の予定は未定です。
やる気は消えていないので、何かをしたいとは思っています。